• ホーム
  • ニゾラールクリームは症状によって塗り方が違う

ニゾラールクリームは症状によって塗り方が違う

足にクリームを塗っている女性

ニゾラールクリームは、真菌というカビの一種の繁殖を抑える効果が期待できる外用薬で、特に水虫やカンジダなどの症状に有効です。真菌が原因の皮膚炎は、症状によって長引くこともありますが、しっかりと治療をすることで完治することができます。ニゾラールクリームはそれぞれの症状に合わせた使い方と、決められた使用方法を守ることで改善を早めることが期待できます。

ニゾラールクリームの有効成分はケトコナゾールで、真菌による炎症などに効果があり、患部に直接塗る薬です。有効成分のケトコナゾールは、真菌の細胞複合の主成分の合成を防いで、真菌の成長や繁殖を抑えます。クリームタイプなので、皮膚への浸透性が高く、効果や使用感もよいです。べたつきも少ないため幅広い症状に使うことが可能です。
ニゾラールクリームは水虫や脂漏性皮膚炎などの症状に使えますが、使い方は症状によって異なります。水虫の感染は足に感染することが多く、足は他の部位と比べても比較的硬いため、皮膚が柔らかくなっており、清潔な状態で使います。皮膚が柔らかくなるのは入浴後で、手や指なども清潔になっているのでお風呂上りにニゾラールクリームを塗ると良いです。

1日1回の塗布で、塗り方は水虫の痒みがある部分の周りも原因菌がいるので、患部だけをピンポイントで塗るのではなく、患部だけではなく広い範囲に塗ることがポイントです。注意したいのは、治療を開始して症状が治まり、患部が綺麗になっても塗布することを止めないことです。患部が綺麗になってから最低でも1ヶ月は塗り続けます。見た目は綺麗にみえても、角質の中に原因菌が潜んでいることが多く、途中で治療を止めると再発する可能性があり、治りにくくなってしまいます。医師などに指示された決まった期間は塗り続けることが大切になります。

脂漏性皮膚炎は、頭皮や眉、眉間や鼻の周辺など皮脂が多く分泌される部位が、カサカサしたり、赤みがでる症状で、痒みが強い場合もありますが、痒みはあまり気にならない場合もあります。原因菌はマラセチアという人に常在しているカビの一種で、通常は皮膚病の原因にはならないのですが、マラセチアに対する免疫異常になることで皮膚が赤くカサカサになってしまいます。
脂漏性皮膚炎の塗り方は、1日2回患部に塗ります。朝晩の洗顔後など清潔な状態で頭皮や顔全体に塗布します。症状が治まっても途中で止めると、肌の免疫のバランスが崩れ、症状が悪化する可能性があるので、少し症状が治まっても塗るのを止めずに塗り続けることが塗り方のポイントです。

ニゾラールクリームの効果を期待するために塗りすぎても、薄く塗った時と比べて効果は変わらないため、患部には塗りすぎないよう、塗り方は意識して薄く広範囲に塗るようにします。痒みがある場合にニゾラクリームを塗る際に、痒いと患部を引っ掻くように強く塗る事もありますが、逆に刺激となって症状が悪化する場合もあるので、特に顔全体や頭皮に塗る際は丁寧に優しく塗ります。
ニゾラールクリームで治療をすることで、症状の改善や完治を目指すことが期待できます。それには塗る前は患部を綺麗に洗い清潔にしてから、使用方法を守り、決められた期間は継続して塗り続けることが大切です。